Paypalはクレジット決済に最適!

日本には各種クレジット決済サービスや決済代行サービスが多数存在しますが、もしあなたのビジネスでクレジット決済を使っているなら100%に近い割合で大きな問題を抱えています。

その問題とは?

キャッシュフローです。キャッシュフローとは文字通りお金の流れの事で、時としてあなたの会社を危機にさらす場合があります。この場合においてキャッシュフローが良いというのは、売上が発生してからその売上金が手元(銀行など)に来るまでの時間が短い事を指します。

ほとんどの決済サービスは売上が発生してから45日後~2ヵ月後にあなたの銀行に入金されるケースがほとんどではないでしょうか?

黒字倒産と言う言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これはキャッシュフローが悪いせいで売上はあっても現金がなく、支払いがとどこおり、不渡りが発生して銀行取引が停止されてしまう事です。

1回目の不渡りで全金融機関があなたの会社が不渡りを出した事実を知ります。半年以内にもう一度不渡りを出すと銀行取引が2年間できなくなります。

この事から会社自体は存続してても事実上の倒産になります。

一方Paypalは・・・

7日以内銀行へ入金!

公式ページには5~7日以内とありますが5日で入金される事は数百回の取引で2~3回でした。(あくまでも私自身の経験です。この場合地方銀行)どの銀行に振替するのかによっても日数は変わってきます。

日本のクレジット決済サービスのように毎月高額な使用料を支払う必要もなければ、初期設定費用もかかりません。

多くの決済代行サービスでは決済手数料が8%~30%にもなることがありますが、Paypalでは2.4%~3.4%プラス0.30$(30円程度)しかかかりません。

例えば1万円の商品を販売した場合の手数料は

10,000円×3.4%+約30円=370円

しかも!60日以内に顧客へ売上金を返金した場合は手数料も戻ってきます。もちろん会員制サービスなどで使用する定額課金も同じ手数料で使用可能です。

定額課金の場合、毎月ごともできますが毎日課金する設定もできます。この設定は1日単位や月単位、週単位でも可能です。

難しそう?

何事もなれないうちは難しく感じますが、Paypalを決済に使うのは非常に簡単です。Paypalには決済リンク作成ツールが用意されており、ウィザードに従っていけば決済リンクを簡単に作成できます。

このリンクはメール用、ウェブ用と分かれており、さまざまなカスタマイズも可能です。

Paypalで新規にアカウントを作成する場合はこちらをクリック

それぞれの使い方については左側メニューよりご覧いただけます。


Paypal 日本語解説のトップへ

このサイトはブラウザの「表示」から文字のサイズを変更できます。

下のボックスからサイト内を検索できます。

決済リンク
今すぐ購入ステップ1
今すぐ購入ステップ2
今すぐ購入ステップ3
購入ボタンのHTML

定期課金ステップ1
定期課金ステップ2
定期課金ステップ3
購読ボタンのHTML

寄付ステップ1
寄付ステップ2
寄付ステップ3
寄付ボタンのHTML

ギフトカードステップ1
ギフトカードステップ2
ギフトカードステップ3
ギフトカードボタンのHTML
販売の設定
オークション
消費税
配送料の計算
新しいボタンの作成
支払い受領設定
即時支払い通知の設定
評価ポイント
カスタマーサービス設定
ウェブサイト決済の設定
暗号化支払いの設定
カスタム支払いページ
請求書テンプレート
言語のエンコード
財務情報
クレジット・デビットカード
銀行口座
通貨残高
ギフトおよび割引
定期支払い
月別アカウント明細
支払いリスト
事前承認リスト
アカウント情報
メールアドレス
住所
電話番号
パスワード
通知
言語の設定
タイムゾーン
スカイプ名
複数ユーザーアクセス
APIアクセス
事業情報
アカウントの解約
トラブル
エンコーディングエラー
ダウンロード出来ない
購入者にメールを送信
決済価格不正
その他
免責事項

 

Valid XHTML 1.0 Transitional
正当なCSSです!